kazukun ソウルへ行く 〜一泊二日、爆食弾丸ツアー(笑)〜


1.朝の成田空港〜ソウルへ出発。

ずっとどこかへいこう、それもただの連休で。と思っていた時期がありまして・・・。
そんなときにアシアナ航空が1泊2日のできるAD料金をだしてくれたのでいってくることにしました。
それもビジネスで。前回のサイパン以来、やめられませんw

ホテルの方は、ロッテホテルの新館がなんと160000ウォン。なんと一人8000円!税別・サ込
同ホテルにしては破格値です。正直ありえません(笑)ネットで比べてみてください(笑)
というわけで、長いネットの友人Maximilian氏と共にソウルへ強行軍の旅行と相成りました。
宿泊代併せて合計4万弱。いかなる格安ツアーもこの内容で、この料金はできまいw

7/12、早朝。6時過ぎに地元を出発

成田空港より韓国はソウルまで向かうことになっていたのですが・・・今回の旅行はビジネスクラス。
せっかくビジネスクラスに滞在するのだからラウンジつかわにゃソンソン(笑)
というわけで定刻の二時間以上前についたのですが、チェックインが7時から・・・・出国審査はさらに三十分後から。朝のスタートが遅いぞ、成田空港w

 
 
(上写真左:成田空港のチェックインカウンター、開店前です・・・。右写真:入り口では列が出来てるんですがね・・・。)
(下写真右:チケットは今回はビジネスクラスです。はい。)(下写真左:ビジネスクラスラウンジの入場券、コレが無いと入れません)

とりあえず問題なくチェックインを完了。マイルはたまらないが、まぁよしとしようw
アシアナ航空は自前のラウンジを成田空港に持っていないため、スターアライアンスメンバーの
パートナーである全日空のラウンジが使えるのです。


(上写真左:入り口のロゴ、上写真右:入り口全映、入り口が小さいってのがね。ノースに比べると)

全日空のラウンジはノースウエストのラウンジと比べると入り口が多少狭苦しいような感じを受けた。
奥行きは凄くあるので、やっぱりラウンジなんだなっていう好印象はあったものの
エコノミーのサービスと比べると米系航空会社より日系の方が上だけど
やはりこういう場面での差の付け方はちがうなあ。と思いましたとさ。

 
(上写真:クラッカーとかパンとか並んでます)(上右:ドリンクコーナー、コーヒーがあの機械式なのがちょっちねー。)

 
(上写真左:ジュースとかがいっぱい、お酒もいっぱーい・・・さすがに朝からは飲みたくないけど(笑))
(上写真右、ひろいデスク、正面は・・・下の写真のように、飛行機が見えます)
  
(左写真、上右の窓から見た風景)(右:携帯用スペース、防音壁がはりめぐらされてます・・・)

ここで朝食をゲッツw。コーヒーと、お供にクリームチーズをソーダクラッカーではさんでw
あとはチーズデニッシュとドーナッツw・・・・思えばここから爆食ツアーの始まりだったのだろうw

 
(左:朝食(笑)と右のソーダクラッカーにチーズ挟んで♪、この後の機内食どーするんだろw)

さて、飛行機は定刻より10分ほど遅れて離陸しました。
なんでもチェックインしてるくせに遅れて搭乗したやつがいる・・・こまったやつだ。

乗った飛行機はエアバスの小型機。小さいぞ。ビジネスクラスはさながら国内線のスーパーシート・・・
正直、普通に販売している額で乗るにはつりあわないな、この内容じゃ。ノースの方がいいなあw

  
(上左がアシアナのビジネス。右はエコノミー、確かに違うんだけど、この程度で普通の販売額は倍以上違うんだよね・・・)

あとは小型機故に離陸がすごく早い。ぎゅわーーーーんとすごいGがかかったかとおもうと
瞬く間に急速上昇していく・・・・・ちょと怖かったかもw

離陸をしたら速攻でブランチタイム。・・・・かなりのボリューム。
凄く手早く用意をしていってくれました。確かに時間無いもんねえ(^^;;;
日韓線でもこれだけのものがでるんだね。エコノミーは知らないけどw
おいしゅうございました・・・が、まだ10時すぎなのに本日二食目、きゅううw

  
(上左写真:まずはクロスが敷かれて) (上右写真:肉料理は焼肉です♪なかなかおいしゅうございました。)

 
(上左写真:チキンです。味は・・・Maximiliam氏へ(笑))  (パンはガーリックトーストか普通のパンか選べるのです)

さて、機内のエンターテイメントだが、ヘッドフォンによるオーディオチャンネルのみ。
最近はやりのシートテレビは導入されてはいないらしい。B777機材はどうなんだろう。

そんなことを考えているうちにもう飛行機は降下を始めた、ほんとに早いね、国内線感覚なり。
羽田〜金浦で国内線扱いフライトを入れたいという意見も解らなくはないね。
まぁ、現実的にはかなりむずかしいのだろうけど。

さて、いよいよ到着です。
そんなこんなで韓国の空の玄関、仁川国際空港(インチョン国際空港)へ到着。

空港に到着して機内より外を見ると周りになんにもないことに気づく。
ほんっとーになんもないwすごいねwさすが郊外。ここなら24時間やっても誰も文句いわねーわ。
長い距離の地上移動を経てスポットに到着。ターミナルはすごくきれいでした、さすが新空港。

 ソウルの空港到着直後・・・・殺風景

入国審査はすごく簡単に、スムーズに抜けられtました。預けている荷物もないので両替をしてそのまま外へ。
ここからは大韓航空の運営しているリムジンバスにてソウル市内中心地ミョンドン地区へ向かうことに、
リムジンの代金を確認するのに一苦労。言葉の壁はあついねえ(^^;;;

 
(上左:バスの領収書兼チケット)  (上右:大韓航空リムジンバスのシート、革張り。立派)

料金は12000韓国ウォン。まぁまぁのお値段です。シートは2x1で広め。革張りのシート。
いいんじゃないでしょうかw

というわけで、バスに揺られて車窓をながめる。明らかに異国なのだが信号機だの標識だのどことなく
日本そっくりである。むうw、お隣同士なんだよなあ。

 
(左:高速道路上、バスの車窓から、そろそろ市街地です)  (右:なにやら警官等がごちゃごちゃ。なんだろうね)

バスは広い広い高速道路からだんだん道が狭くなりながら市内へと入っていく。
途中でなにやら警察がらみのアクシデントがあったのを目撃したんだが・・・なんだったんだろう。
車は全く気にせずにそのそばを通り抜けていきました(笑)

そしてこのバスの終点は本日の私の宿、ホテルロッテでございます。
ロゴと遠くからのをとったつもりが、ホテルをちゃんと写真とってなかった・・・・

 

本館と新館と分かれている中の新館が本日のお宿です。
チェックインとかはふつーに日本語ok。英語より日本語の方が絶対通じると思うのは気のせいでしょうかw

  
(上左写真は新館のチェックインカウンタ、座ってお話が出来るようになってます、右写真は通常のカウンタ。立ち話ですな)

お部屋は24階の奥部屋でした。けっこういい場所だw

 
(上左写真:でっかいベットです。右写真、パソコンの前で今回のわれらが携帯品、親亀、小亀、孫亀っと(笑))

部屋の中は結構広め。奥のデスクにパソコン一式フルセットであるところなんか
IT先進国を自負している韓国ならではなのかもしれない。

さて、部屋に入ってふつうなら茶でも入れてのんびりしたいところだが明日には帰国する身。
のんびりしてはいられない(笑)ということで荷物をおいたら早々に市内の観光へいくことに
まずはホテルの側にある徳寿宮と市庁をを見に行くことに。

しかしホテルを出てすぐに変なタクシーのおっちゃんにつかまる。流ちょうな日本語でいろいろ話してくる。
「統一展望台とかいこうよ」っていわれるが、そんな遠くにいく時間は正直ないwというわけでお断り。

そんなこんなで市庁へ到着。大都市の市庁の割には小さい建物である。
入り口にはなにやら座り込みをしているグループが。何なんだろうなあ(笑)

 
(市庁舎。そんなに大きい建物じゃないですよね)

  
(上写真三点、ふつうに明洞の付近を撮影)

しかし、ソウルの町では手をつないだりしている男女、女性同士がおおい。まさにべったり。
そんな光景を見て「そういえば大学の同級生の留学生が姉妹で手をつないでたなあ」
などとMaximilian氏と話していたら・・・途中の地下通路でばったりとその同級生と再会(笑)
お互いにめちゃくちゃ、驚いちゃいました、まさにグローバルな偶然。すごいもんだね。
そんな話題をしているだけによけいビックリしたんだけどさ(笑)

でも、ホント、数年経ってるのに向こうも俺の事見てすぐ気づいたし、俺もすぐ気づいたし。
忘れてなくてよかったね、ってことで(汗)

そんな再会劇も経て、徳寿宮へ到着。
大都会の中の昔の建造物、このコントラストがたまらないw

 

 

入り口では衛兵交代式(?)らしきものがおこなわれておりました
とりあえず入場券を買って、中に入って地図をもらおうとインフォメーションセンターへ。
そこでちらっと日本語で話しかけたら相手はすごく流暢な日本語で話しかけてきてくれました。
すげぇw自分自身母国語しかしゃべれないだけに、かなりびっくり。

 敷地無いにはハングル文字を作った王様の銅像が。

丁寧に順路を教えてもらい、順番に見て参りました。
韓国宮廷建築に石造りの西洋式建物に噴水。
見事な折衷庭園というところでしょうか。ここでは公園のようにのんびりしている方々がたくさんおりました。
のどかのどか・・・・・残り時間およそ24時間w

さて、観光を終え、韓国フードの代表格として冷麺が食べたいっ!!という私の希望で
ミョンドンカルビ冷麺なるガイドブックにふつうに載ってる店へ向かう。
が、私の旅行記をよく見ている人ならご存じかもしれないが・・・・また、迷いました(笑)

途中で偽ブランドショップの人(爆)に道を教わってると、俺の食べたい平壌冷麺は専門店の方が絶対うまい
という助言を受け、カルビ冷麺の近くにある冷麺専門店へ。

 
(上写真冷麺やさんの入り口。右写真はお品書き(笑))

 
(上左:平壌冷麺。普通の汁の冷麺もこのお店にはもちろんありますが、私はこっちが好きなんです(笑)見た目が変なのは撮影前にいじったから(笑))
(右写真:いっただっきまーす♪)

というわけでピピン冷麺を注文、ピピン麺って「平壌冷麺」なのね。つまり北朝鮮発祥ってことなんだね・・・。
さて、お味のほうですが・・・・んまいっ!!肉汁もうまいし、麺が何よりうまい!細麺だけどね。
それにくわえて辛い!!ものすごく辛い(笑)さすがだ(^^;;;;けどんまかったw

汗をかきかき食べ終えて、次はお買い物。
東大門市場へ向かいます。地下鉄にて数駅。簡単簡単w
しかし、列車の車内放送にウケるw案内音のバックになんでうぐいすの「ほーほけきょっ♪」がつくのだろうw
謎だ・・・・。(言ってる言葉はさっぱりなのだが)

 ソウルの地下鉄駅風景。
 

 
(東大門付近)

さて、東大門市場に向かったものの東大門会館そのものにはいかずその手前の大きなビルでお買い物。
こんなところが俺の臆病なところなのかもしれないなあ。

値切り合戦を繰り広げつつ(笑)鞄ひとつとシャツを二枚お買いあげ♪Maximilian氏はウエストポーチとシャツ。
しかし、相手は売り込みがうまいね〜、なかなか断れない雰囲気を作り出すしね。
でも、負けないw

お買い物を終えたら一旦ホテルへ戻って荷物を整理することに。
さてさてこれからどうしよう、夕食食べにいこうかな、という時間帯ながらあしつぼにもいきたいっ!!
ってなわけで調べた足つぼマッサージ店へ電話。
今からいいですか?とか聞いていたら迎えにきてくれるとのこと、すごいすごいw

10分後、ロビーにて送迎の方と合流。お店へ向かう
方向音痴な俺にはうれしいサービスですw

今回のプランは足つぼと全身マッサージで1時間45分。80000ウォン也
まぁ、マッサージならこんなもんよね。ちなみに正統派です、やらしいエステじゃありません(笑)
最初は多少くすぐったかったけど途中からもうぐっすりでした。いいねえ、マッサージ、

そして、なんか妙に日本語が上手い店だなあ、とおもってましたら・・・・この先生、東京モード学院卒でしたw

規定のメニューが終了するとチヂミ(韓国風お好み焼き)とハーブ茶のサービス
おいしくいただきました♪でもおなかいっぱい、大丈夫か、焼き肉わw

 マッサージあがりのチヂミ、なぜかこれしか撮ってない(^^;;

帰りも送ってくれるということだったんですが、焼き肉屋さんにどうしてもいきたいのでw
焼き肉屋の近くでおろしてもらうことに、
この時間でもやってる焼き肉やということで調べてったのですが・・・・
美味しかったんだけど特筆するほどじゃなかった。

今になって調べるとロッテホテルで会社のデスクで聞いた中で「いまいち」のコメントが入ってる店だった。
なんか納得。値段、ちょっと高めだったしね。ちなみに食べたのは骨付きカルビ、サムギョプサルとユッケです
食べまくりツアー、リベンジが必要かなあ(^^;;
ちょっとイマイチだったんであえて名前はだしません(笑)

でも、とにかくおなかいっぱいっ、ふうううw
重たいおなかをかかえつつホテルへ戻る。途中ポン引きがたくさん声をかけてくる。
あーーーーうるさい(汗)ええかげんにしてくれい。興味ないんじゃ、そういうのは・・・・。

そんなうっとおしい障害物をはねのけはねのけ(ってほどでもないが(笑))お部屋へ帰還後
シャワーを浴びて次に備える。こーゆーとき明洞にホテルあるとどこへ行くにも便利だね。

さて、夜になっても終わりません。次の目的地はシェラトンウォーカーヒルホテル。
日本にはない場所、そう、カジノに行くためです♪
ホテル前からタクシーに乗っていざ出陣!!。ドライバーは日本語しらないらしく
移動中はずーっと黙ってましたが運転の腕は大したもの。スムーズにつれてってくれました

さて、そんなこんなでウォーカーヒル到着。けっこうかかったかな。
20200ウォンだったんだけど、支払いの時運ちゃん「カジノ?」って聞くからそうだってこたえると
「20000でいい」と言って、ガッツポーズで送り出してくれました、男だねえ(笑)

そんな心暖まる思いをしながらいざ出陣!

 ウォーカーヒルカジノの入り口、妙な人形がありますw

最初は大小なるもの(さいころ三つの数字当て)をやったんだが難しいw
というわけで、程々に遊んだところでルーレット♪
ここでkazukunに博打の神光臨(笑)なんとか勝利しましたとさ。
まぁ、帰りのタクシー代でとんとんだなあwってところだけどね。

あ、そうそう、ここのカジノはって他のカジノもそうなんだろうけど、お客さんがお腹空いてもやめないように
お食事はフリーフード、フリードリンク(アルコールは除)となってます
というわけで、ここでもビビンパ(石焼にあらず)を食べました、んまかったですう♪


(上左:フリーフードのビビンパ、うまかった(笑)) 右写真:キムチ、どこでも出るんだけど、どこで食っても上手い。こまった。

ちなみにカジノ内は撮影不可でした、そりゃあそうだよなあ(^^;;

さて、帰りのタクシーを手配してホテルへ向かったわけだが・・・・・
この運転手は日本語が大変達者らしく、僕らに女遊びいこう行こうと
猛烈にプッシュをかけてくる。正直言って大嫌いだ、こーゆーやつ。
まぁ、あまりひどい態度もあれだからなんとかやんわり切り抜けるも、降りるときにははらいたくもないのに
チップを要求するなど最低のタクシー運転手でした。まぁ、運がわるかったな。
行きと帰りでこうも人が違うんだねえ。一人で移動するにはアレだなあ。

ホテルに着いたら深夜4時過ぎ。というわけで速攻ねまーす。おやすみなさい・・・・

さて、目覚めたら10時ちょっとまえ。眠りすぎだ(汗)
今日は朝からおみやげを買ってその後占いに行く予定でしたが
いそがなくては^^;;大慌てで免税店でおかいもん。ついでに朝御飯。
お粥を探したんだけどみつからず・・・・。仕方なくデパートでサムゲタンでした。爆
鶏肉に高麗人参ともち米がめいいっぱい入ってるなべなんだけど、美味しかった〜♪

 
(上左、サムゲタン屋の入り口w) (上右:サムゲタン。湯気で写真くもりました(笑))

 ロッテデパートの天井はなんかおもしろいです。

さて、その後、ロッテデパートの最上階のカフェでコーヒーを飲んだわけですが。
普通のブレンドだのなんだのの中に混じって「MaximCoffe」なる一品が。
「まさか、インスタントのマキシムコーヒーじゃないよねえ?」なんていいつつも面白かったので注文すると・・・・

ほんとにMaximのインスタントコーヒーにお湯を注いだ状態で出てきた(核爆悶絶死)
ほんっとにびっくりでした(笑)

まきしむこーひー(笑)解け残りのインスタントコーヒーがわかるかな?w

その後いざ占いへ!とおもいましたら・・・・道に迷って時間切れ(涙)
ごめんなさい、私が悪いんです(謎)

後はホテルで荷造りして、帰りのインチョン空港へ。2時間以上前に到着。
乗り遅れるよりはいいよね(笑)いや、道路すいてたので早かった・・・。

  大韓航空はスカイチームの一員とアピール中
(上写真:チェックインカウンター)

というわけで、ついたら韓国最後のお食事をロッテリアで頂きました♪(笑)
プルコギバーガーとキムチバーガー(笑)。やけに注文してるとき、カウンタのおねえちゃんが嬉しそうに注文を受けていた。
日本語で話しかけると妙に喜ぶ、なんなんだろう(笑)まぁ、嬉しそうにしてるのでよしとする??

 
(左上ロッテリア入り口、そういやマクドナルド市内でみかけなかったな・・・)(右上:メニューです、キムチバーガーとプルコギバーガー見れるかな?)

  
(左上が開封前、右上がプルコギ、左がキムチバーガー)

日本では珍しいこの品々。お味のほうは、まぁ・・・・んまかったです
さすが本場のロッテリアやw

ここで韓国とはお別れ、お金を日本円に引き替えて出国手続きを・・・難なく終了。
しかし出国審査、警備は厳重。靴を脱げといわれる。足臭い人はたいへんだろうなあ(笑

そして最後のお楽しみ。アシアナ航空のラウンジ。
いやーーー、すごい広いし充実のサービス。すごいね。さすがはアジア
自分の国の航空会社のラウンジはこれほどまでにしっかりしてるんだね。
ここなら平気で時間が過ごせるよ。・・・・まったりさせていただきました♪

 
(上写真:ピアノの生演奏までついている、ビジネスクラスラウンジ)

  
(上三点、席とか、ドリンク(ソフトドリンクは缶だった・・・)、コーヒーとか食べ物とかたくさん)

  (仮眠室、個室にマッサージチェアつき)
シャワールームからインターネットスクエア、飲み物や軽食のスペースも広いし
すげえ、ファーストクラスラウンジに匹敵するでしょう、きっと・・・
現にアシアナはファーストとビジネスのラウンジ、一緒のようです。

そして最後は20:30発のアシアナ航空にて帰国。愛しの日本へ向かいます
今度の機体はB767、まぁまぁの機材ですがやっぱり前乗り。こまるなあ、これ。
席はエアバスよりも広くとれていました。微妙・・・・。

 
(左写真:ソウルの空港にて、アシアナ航空スターアライアンス塗装、右写真、B767型のビジネスシート)

今回も離陸と同時にお食事がささっと運ばれてきましたが
今回のフライトは揺れる揺れる・ぐらぐらぐら(笑)ひょえーー。
どうも大阪のほうの上空に来るといつもゆれるなあ。

 
(上、機内食写真、左が肉、右は魚。機内食は私は今度は魚、Maximilian氏は肉を頼みました)

でも、私もようやくなれてきました。百戦錬磨なフリをして(笑)
居眠りしてるうちに、成田空港へ到着しましたとさ。

そんなわけで、一泊二日のソウル弾丸ツアー、終了です。
一度行ってそれなりに慣れたので、次回以降はうまくいくんじゃないかな(笑)
色々教訓もありましたが、楽しい旅行になりました。

最後に、こんな強行軍に付き合ったmaximilian氏に感謝(^^;;

最後まで読んでいただきありがとうございました

copyright (C) Kazumitsu Sakurai 2003 All Rights Reserved